[PR]

 国指定重要文化財の「黄林閣(おうりんかく)」(埼玉県所沢市坂之下)のかやぶき屋根保全のため、毎月かまどの「火炊き」をすることになり、10日、火炊きを公開した。

 黄林閣は江戸時代後期に今の東京都東久留米市の地に建てられ、1930年に実業家で茶人だった松永(まつなが)安左エ門(やすざえもん)が譲り受け現住所に移築したもの。別荘「柳瀬荘」として使われていたが、48年に東京国立博物館に寄贈された。

 「火炊き」は、かやぶき屋根を煙でいぶして保存するため、これまでも行われていたが、柳瀬荘・黄林閣管理人で所沢市社会教育委員の針生(はりゅう)清美さん(52)の提案で、月1回定期的に行うこととなった。

 針生さんは「火炊きをすると薪が燃える香りに包まれ建物が喜んでいるのがわかる」と話した。

 建物の公開は毎週木曜日。火炊きは毎月第2木曜日の午前10時から午後4時までの公開時に行われる。問い合わせは黄林閣(04・2944・2009)。(羽毛田弘志)

関連ニュース