[PR]

 サバ缶人気が業績を押し上げた。水産大手の極洋は、2018年3月期の売上高が7.7%増の2547億円となり、過去最高を更新した。

 昨年、タレントのマツコ・デラックスさんが出演するテレビ番組で様々なサバ缶が紹介されると、「大変よく売れるようになった」(木山修一取締役)。水煮やみそ煮、トマトで煮込んだ「さばのトマトパッツァ」などサバ缶全体の販売量は前年より30%伸びたという。

 ただ、サバ人気に漁獲量が追いつかず、販売量は頭打ちになりつつある。そのため、今は同じ青魚のイワシに注力する。今春には「いわしのトマトパッツァ」を新たに投入。「イワシ缶」で、さらなる売り上げ増をねらう。(高橋克典)