【動画】無人ヘリより割安、ドローンで農薬散布=大野宏撮影
[PR]

 ドローン(小型無人飛行機)を使った農薬の空中散布が今月から県内でも始まった。愛荘町では10日、作業の様子が披露された。

 町内の農事法人の依頼を受け、楠亀農機商会(東近江市)が、農機大手のクボタが開発した6枚ローターの大型機を持ち込んだ。

 約10リットルの農薬を積み、20分ほど飛行可能。1・5ヘクタールの畑に約12分で散布できる。重さは12キロで羽根を畳めば1人で運べる。この日は朝から約15ヘクタールの小麦畑に、約1・5メートルの高さを飛行しながら、赤カビ病を防ぐ薬をまいた。

 無人操縦ヘリは1機1300万…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら