[PR]

 国民民主党の大塚耕平共同代表が9日の党会合で、「あまり偏った野党では、政権に絶対近づけませんので、ずっと野党でいる気なら、どうぞあちらに行ってくださいという感じだ」と述べた。政権との対決姿勢を明確にする立憲民主党を念頭に置いた発言と誤解されたとして、大塚氏は10日朝、立憲の枝野幸男代表に電話で謝罪した。枝野氏は「気にしていません」と応じたという。

 大塚氏が同日の記者会見で明らかにした。

 大塚氏は「野党がバラバラでは政権には近づけないという趣旨だ」と釈明した。立憲との溝が深まり、野党連携の障害になるとの懸念に対しては、「(枝野氏とは)大変仲良くやっている。ゴールデンウィーク中も一緒にご飯を食べたし、大丈夫だ」と否定した。会合は非公開だった。

 国民、立憲はいずれも旧民進党系の議員が多く、大塚氏が国民を結党する際、立憲に参画を呼びかけて断られた経緯がある。