[PR]

 今年の「母の日」は13日。定番の花やアクセサリーだけではなく、思い出づくりの「体験型ギフト」や家族の絆を深める企画への人気が広がっている。東日本大震災や共働き世帯が増えたことなどが、背景にあるようだ。

 「あなたの母が好きなおでんの具を書きなさい」「あなたの母の幼いころの夢を書きなさい」「あなたの母があなたに言われて一番うれしかった言葉を書きなさい」…。10日午後、横浜市西区のそごう横浜店。母の日ギフトの特設会場に設けられたテーブルで、母親について20問の質問に答える「母の日テスト」が開かれていた。

 挑んだ同市南区の歯科医師の丸森史朗(ふみあき)さん(36)は「正解は3分の1くらいかな」と自信がなさげ。「母とは職場で一緒に働いているのですが、いざ問われてみると難しかったです」。妻の寿恵(ひさえ)さん(39)も「岩手の実家に電話して、答え合わせをします」と苦笑いしていた。

 同店の担当者は「家族の絆を深…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら