[PR]

 加計学園が特別扱いを受けていたのではないのか。10日にあった、衆参両院の予算委員会での審議を通じて浮かんだのは柳瀬唯夫・元首相秘書官が3度にわたって学園関係者と官邸で面会するなどの手厚い対応だった。柳瀬氏は安倍晋三首相への報告を否定したが、野党からは疑問の声が上がった。

     ◇

 「加計学園の事務局の方から申し入れがあり、面会いたしました。相手方は10人近くのずいぶん大勢でいらっしゃいました」

 10日の衆院予算委員会。参考人として出席した柳瀬氏は冒頭、2015年4月の首相官邸での面会について説明を始めた。淡々とした語り口で続いた答弁から浮かんだのは、加計学園に対する厚遇ぶりだ。

 柳瀬氏が加計学園の関係者と接点を持ったのは、安倍首相の別荘で13年5月にあったバーベキューの際だったという。首相の親族や友人らが集まる中、「加計学園の理事長と事務局の方がいた記憶がある」と述べた。

 2年後の15年2~3月ごろ、「上京する際にお伺いしたい」との学園側からの申し入れを受けて、首相官邸で面会をした。学園関係者は、愛媛県今治市で獣医学部新設を計画しながらも、何度も頓挫している経過を説明したといい、柳瀬氏は「獣医学部新設を、今治市と一緒にやろうと考えていることを認識した」と振り返った。

 次の面会は、予算委の冒頭で明…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら