[PR]

 NHKは10日、人気グループ「TOKIO」の元メンバー、山口達也さん(46)が司会を務めていた「Rの法則」(Eテレ)を打ち切りにしたことに関連し、損害賠償請求を検討していることを明らかにした。

 NHKの山内昌彦・編成局計画管理部長は、請求先について、山口さんが所属していたジャニーズ事務所にするのか、山口さん個人にするのか、また請求額についても、「検討していく」と述べた。

 この日の定例会見で、上田良一会長は、番組打ち切りについて「番組司会者がこのような状況にいたったことは大変に遺憾。総合的に判断した結果、放送を継続していくことが難しいという結論に至った」と語った。

 NHKは「Rの法則」の放送を4月25日から休止し、今月7日に打ち切りにすることを公表した。

 山口さんは強制わいせつの疑いで書類送検され、東京地検は今月1日、不起訴処分(起訴猶予)にした。(鈴木友里子