[PR]

 英高級車メーカー、ロールス・ロイス・モーター・カーズが10日、同社で初となるSUV(スポーツ用多目的車)「カリナン」を発表した。四輪駆動の機構を調整する機能を備え、道路状況に合わせて走行できる。世界的に市場が拡大するSUVに超高級車のロールス・ロイスも参入。富裕層の需要を取り込む。価格は英国で税抜き21万ポンド(約3100万円)から。日本では年内に発売予定で、価格は未定。

 「オフロード」のボタンを押すと、雪道や草むらなど道路状況によって車高を変え、エンジンのパワーが四輪駆動の車輪にしっかり伝わるように調整する。ドアのハンドルを触るなどすれば、乗り込みやすいように車高が下がる機能もある。

 トルステン・ミュラー・エトベシュCEO(最高経営責任者)は朝日新聞のインタビューで「多くの人が運転手付きでなく、自分で運転し生活にも使えるロールス・ロイスを求めている。カリナンは非常に実用的なロールス・ロイスだ」と話した。(ロンドン=寺西和男)