[PR]

 川崎市幸区にある大相撲・中川部屋の中川親方(52)=本名・増田憲治、元幕内・旭里=は、リトルリーグの投手だった。大きな体で球は速かったが、制球は定まらず試合を壊した。「独り相撲を取ってました」

 中学に入ると体重も増え、走れなくなり、野球はやめた。卒業後に入門して、稽古に明け暮れる日々。10代の夏は、水野雄仁さんら「やまびこ打線」の池田高が躍進していた。

 時代の流れで環境は変わり、稽古も野球の練習も合理性が求められるようになった。だが、自身が師匠から言われ続けた言葉「人一倍、努力しなさい」は不変だと思う。「やっぱり、きつい稽古をしないと、だめでしょう」。師匠の言葉を球児にも贈りたい。(斎藤茂洋)

こんなニュースも