[PR]

 電車内で他人のスマートフォンを盗んだとして、警視庁は千葉県柏市桜台、会社員山下陽持容疑者(33)を窃盗の疑いで逮捕し、11日発表した。山下容疑者は、エスカレーターで自らの体液を女性にかける様子などを盗んだスマホで撮影し、ツイッターへの投稿を繰り返していたという。

 保安課によると、逮捕容疑は2016年8月29日朝、JR山手線の電車内で40代の女性会社員のかばんからスマホ1台を盗んだというもの。「座席にあったスマホを盗んだが、かばんから抜き取ってはいない」と供述しているという。

 押収したスマホからは、東京都内の駅のエスカレーターや階段、電車内などで山下容疑者が少なくとも35人の女性に体液をかける様子を撮影した動画が見つかり、このうち22人分がツイッターに投稿されていた。

 山下容疑者は「体液を女性にかける様子を投稿することで、同じ趣味の人に認めてもらいたかった。自分の携帯を使うと身元がばれて警察に捕まると思った」と供述。同課は、わいせつ電磁的記録記録媒体陳列の疑いでも調べている。

 動画は、コンビニエンスストアの公衆無線LANなどを使ってツイッターに投稿されており、コンビニ周辺の防犯カメラの映像などから山下容疑者が浮上した。昨年5月、「女性に体液をかける動画が投稿されている」との情報提供があり、同課が調べていた。