[PR]

 11日午前8時20分ごろ、東京都千代田区皇居外苑の祝田橋交差点付近で、警視庁丸の内署員が茶色い犬を発見し、追いかけたが姿を見失った。中型のゴールデンレトリバーのような犬だったという。12日午前8時半現在、けが人の情報は入っておらず、署が行方を追っている。

 署によると、発見から約30分後、祝田橋交差点から600メートル余り東の丸の内2丁目付近にいたと目撃者から110番通報があった。11日午前9時ごろには別の署員が丸の内仲通りを東京駅方向に走っていくのを目撃した。

 一方、隣接する中央区内では同日午前8時半ごろ、築地署に「首輪を付けた毛の茶色い犬がいなくなった」と届け出があったという。

 現場は大手企業の本社や商業施設などのビルが立ち並ぶ地域。