【動画】戦後初の国産旅客機「YS11」が3年ぶりに飛び立った
[PR]

 2015年から高松市の高松空港に駐機していた戦後初の国産旅客機「YS11」が11日午後、石川県輪島市の能登空港に向けて飛び立った。飛行は3年ぶりで、雄姿を一目見ようと航空ファンが詰めかけた。

 YS11は戦後初めて国内メーカーが開発し、1962年に初飛行。国内ローカル線を支え、2006年に定期運航から引退した。

 機体を所有する航空機整備会社「エアロラボインターナショナル」(大阪府八尾市)によると、同機はエンジンやプロペラが製造当時と同型で、民間機では国内唯一の飛行可能なYS11。「自社の技術力でYS11を復活させよう」と、国土交通省が保有していたものを14年に落札し、飛べる状態に整備した。

 15年5月に羽田空港から保管コストの安い米国に向かう予定で、給油地として高松に飛来したが、無線機が不調でそのまま駐機。米国行きを断念し、国内で保管場所を探していた。

 高松空港ではイベント時に地上走行するなどして親しまれた。今後は、能登空港に隣接する日本航空学園(本部・山梨県)能登空港キャンパスが保管場所を提供するという。

 この日は午前の試験飛行と午後の離陸を見ようと、大勢の人がカメラを携えて駆けつけた。同社広報の江野暁さん(40)は「久しぶりに飛ばすことができてうれしい。これからも飛べる状態を維持し、航空学園の教材としても使ってもらいたい」と話した。(多知川節子)

関連ニュース