[PR]

 今月9日、訪朝したポンペオ米国務長官と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談。ポンペオ氏の右隣で、身ぶり手ぶりを交え話をする銀髪の男性がいた。

 複数の米政府関係者や外交筋によれば、この男性はアンドリュー・キム氏。韓国系米国人で、25年余り中央情報局(CIA)諜報(ちょうほう)員として東京などで勤務。最近までCIAソウル支局長を務めた。情報機関のCIA高官が国務長官の外遊に同行し、姿が公になることは珍しい。この写真は米側では公表されていない。

 トランプ大統領は昨春、北朝鮮への「最大限の圧力」政策を本格化させた。外交ルートの交渉が行き詰まっていた国務省ではなく、CIA長官だったポンペオ氏に北朝鮮との対話を探るよう指示。CIAはオバマ前政権時の2010年ごろから独自に北朝鮮との対話ルートをつくっており、キム氏はその中心的役割を果たしたとされる。

 キム氏は、北朝鮮が融和姿勢を見せ始めた1月以降、動きを活発化させる。2月末、平昌(ピョンチャン)冬季五輪閉会式に出席のため訪韓したトランプ氏の長女イバンカ大統領補佐官に同行。現地入りした北朝鮮の統一戦線部幹部と秘密裏に協議。3月末の正恩氏の中国訪問にあわせても北京入りし、同幹部と再び水面下で接触し、米朝首脳会談やポンペオ氏の初訪朝に道筋を付けた。

 ポンペオ氏が2度目の訪朝をした今月9日。平壌に着いた専用機から降りてくるポンペオ氏を出迎える金英哲氏ら北朝鮮高官に交じってキム氏の姿が、翌10日に放映された朝鮮中央テレビに映し出された。先に平壌入りして北朝鮮側と協議をしていた可能性がある。米韓関係筋はいう。「キム氏がいなければ、米朝首脳会談は決まらなかった」(ワシントン=峯村健司 ワシントン=峯村健司)

 史上初の米朝首脳会談に向け、水面下で北朝鮮側と接触してきたアンドリュー・キム氏。米中央情報局(CIA)元諜報(ちょうほう)員だが、もう一つの重要な顔がある。

 昨年5月、CIA内に設立された「朝鮮ミッションセンター」の責任者。トランプ米大統領が、北朝鮮の核・ミサイル問題を専門に情報収集し、戦略を練るために設立を命じた。

 キム氏は韓国のソウル高校出身で、朴槿恵(パククネ)政権初期までCIAソウル支局長を長く務めた。韓国の統一省や国家情報院と幅広い人脈があるという。

 ある韓国高官は昨年10月、キム氏とワシントンで面会した時のことを覚えている。

 キム氏は国家安全保障会議(NSC)に出席するため、ホワイトハウス内に執務室を持っていた。ポンペオ国務長官が「最も信頼する右腕」(米政府関係者)として、代わりにトランプ氏に北朝鮮情勢を報告することもあったという。

 同センターは、ポンペオ氏の極…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも