[PR]

 「(女性は)3人以上の子どもを産んでほしい」などと発言した自民党の加藤寛治衆院議員(長崎2区、当選3回)が11日、国会内で記者団に「決して女性蔑視の思いは持っていない。私の舌足らずが誤解を受けた」と述べて発言を撤回し、あらためて陳謝した。

 加藤氏は10日、所属する同党細田派の会合で「結婚しなければ子どもが生まれない。人様の子どもの税金で(運営される)老人ホームに行くことになる」と若い女性たちに話している、と明かした。さらに「必ず新郎新婦に3人以上の子どもを産み育てていただきたいとお願いする」と話しているとも説明していた。同日夕、「誤解を与えた事に対し、おわびします」とのコメントを出していた。

こんなニュースも