[PR]

 九州新幹線長崎ルート(長崎新幹線)の整備方法を話し合う与党検討委員会の山本幸三委員長は11日、武雄温泉―新鳥栖間について、新型車両フリーゲージトレイン(FGT)での整備を「事実上、無理だとみんな理解している」とし、断念する意向を正式に表明した。

 同日、都内での委員会後に語った。今後、フル規格かミニ新幹線のどちらかに絞る。JR九州と長崎県は技術的な問題などからFGTに反対し、フル規格を求めている。佐賀県は、負担が巨額になることから同日の委員会でも改めてフル規格に反対を表明した。(女屋泰之、黒田健朗)