[PR]

 藤井聡太六段(15)らの活躍で将棋界が盛り上がりを見せるなか、仙台市の高校1年の女子生徒が、女流棋士の仮資格を得る快挙を成し遂げた。プロの女流棋士は全国でわずか60人ほどしかいない難関。どのような環境で腕を磨いてきたのか。

 仙台市に住む高校1年の加藤結李愛(ゆりあ)さんは4月1日付で、女流棋士3級になった。将棋のプロには「棋士」と「女流棋士」の二つの制度がある。女流棋士制度の3級はプロの仮資格。公式棋戦を戦い、2年以内に規定の成績を収めれば、女流2級に昇級して正式なプロとして認められる。

 加藤さんが将棋を始めたのは小学2年。きっかけは「将棋日本シリーズ テーブルマークこども大会」の参加賞だった。「駒の形をした消しゴムが欲しくて、将棋のルールを知っていた兄から教わりました」

 その後、仙台市太白区にある「…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら