[PR]

 森永製菓の「チョコボール」の売り上げが好調だ。発売50周年だった2017年度は前年を2割上回った。「キョロちゃん」が登場したのは1967年。「誕生」を祝うキャンペーンで、一粒の大きさを通常の50倍にした「チョコボール〈ピーナッツ〉50倍」は、あっという間に限定数が売り切れた。

 当たりを集めるともらえる「おもちゃのカンヅメ」も、なでるとしゃべる金色のキョロちゃんにリニューアル。広報担当者は「世代を超えて愛されてきた。次の50年も迎えられるといい」。

 18年3月期決算は、前年比2.8%増の売上高2050億円、営業利益も12.1%増の197億円と増収増益だった。(長橋亮文)