[PR]

 福井県坂井市が6月から、「保育士バンク」の登録受け付けを始める。保育士不足が叫ばれる中で、働いていない「潜在保育士」を発掘して就労を支援することで、市内の民間保育園や公立幼保園での教育・保育を充実させるのが狙いだ。

 市によると、保育士バンクの設置は県内の市町では初の取り組みだという。登録の対象者は、保育士の資格を持っていて、出産や子育てなどが一段落して就労を希望している人や、異業種からの転職を希望している人ら。年齢は問わない。

 登録者には、専門家による国の「保育所保育指針」や「幼稚園教育要領」などの講義のほか、現場の見学で実際に子どもたちと触れ合ってもらうなどの研修を通じ、復帰を後押しする。その後、保育園や幼保園から求人があれば、採用に向けた面接を受けてもらい、お互いに条件が合えば就労してもらう仕組みだ。

 登録希望者は、所定の登録申請…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら