【動画】着陸する飛行機を真下から見ることができる「千里川土手」=石倉徹也撮影
[PR]

 「飛行機好きの聖地」といわれる千里川土手。取材を通じて知った楽しみ方はたくさんあった。

 大迫力を味わうには、飛行機の「風圧」を感じることだろう。頭上約20メートルを通過するため、ジェットエンジンの噴射による風は、土手の砂を巻き上げるほど。驚いて泣く子どももいる。

 見せ場は「ボーイング777―300ER」の着陸。国際線使用機であり、伊丹空港に飛来する飛行機の中で最も大きい。「風圧で帽子は飛び、日傘は壊れ、バイクが倒れます」と週3回は来る山本和希さん(27)が教えてくれた。週数回しかない着陸を見ようと常連も集まる。

 かつて国際線があった頃は、世…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら