【動画】着陸する飛行機を真下から見ることができる「千里川土手」=石倉徹也撮影
[PR]

時紀行

 「飛行機好きの聖地」と呼ばれる場所が、大阪(伊丹)空港を望む場所にある。轟音(ごうおん)を響かせ着陸する巨大な機体に肉薄することができ、子どもも大人も大興奮のスポットだ。

 遠い空に、小さな光の点が見えた。みるみる大きくなり、近づいて来る。飛行機だ。「キーン」という金属音が鳴り響く。視界を覆う巨大な機体が、あっという間に頭上をかすめた。思わずのけぞる。振り返ると、機体は滑走路に滑りこんでいた。

 大阪府豊中市、池田市、兵庫県伊丹市にまたがる大阪(伊丹)空港。着陸する飛行機を真下からのぞける場所がある。「千里川土手」だ。国内外約170の空港を訪れた航空写真家のルーク・オザワさん(59)は「飛行機の音、風圧、頭上を通る近さ。これだけ大迫力の場所はどこにもない」。

 着陸は1日180回余り。スケジュールが過密なのは午後7~9時で、3分に1機が舞い降りる計算だ。週末には数百人が集まる人気スポットだ。

 「まもなくトリプルセブン(ボ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら