[PR]

 国王親政から立憲君主制に移行して10年を迎えたブータン。国王の決断で始まった民主主義だが、昔を懐かしむ声が今も聞かれる。停滞気味の政治とは対照的に、社会は変化の時を迎えている。

 「一票はとても大切。投票をお願いします」

 4月。首都ティンプー郊外の山あいを、上院選の候補者レキ・シェリングさん(40)が訪ね回っていた。九州とほぼ同じ面積に約80万人が暮らす国。127人の候補者から各地区の代表20人を選ぶ。

 選挙運動は静かだ。拡声機が使えず、戸別訪問が基本。期間中は仏教の法要や結婚式も禁じられる。「いまだに選挙の仕組みや目的がわかっていない人が多い」とシェリングさんは話した。

 地元紙のニードルプ記者は「票…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも