[PR]

 JR西日本は11日、豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の一部の車両の水質検査で異常が見つかったため、12日の山陰線の下りコースを運休すると発表した。バーがあるラウンジカーの食器洗浄用の水が食品衛生法が定める基準を満たしていなかったという。他の車両の水についても検査する。

 JR西によると、運休するのは12日朝に大阪駅を出発し、城崎温泉駅(兵庫県)などを経由して翌13日に下関駅(山口県)に到着するコース。乗客28人の予約が入っていたという。

 瑞風には山陽コースもあるが、3~6月に出発する第4期の申し込み状況は山陰コースが18倍と最も倍率が高かった。

 今回のツアーは旅行会社が企画したもの。JR西が企画するツアーでは、コースによって価格が1人約25万~125万円ほどするという。JR西日本は「楽しみにされていたご旅行ができない残念な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございません」とコメントした。