[PR]

 サッカー明治安田生命J1で、V・ファーレン長崎が連敗を脱出した。12日、長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で、最下位の名古屋グランパスに3―0で快勝。高木琢也監督は「一人ひとりが自分らしさ、長崎らしさをよく出せたゲーム」と評した。

 全得点をフォワードが挙げた。先制したことで余裕を持って守れた。前節まで8連敗を含む11試合連続未勝利の相手に、ひやりとする場面はほぼ無かった。

 前半3分、ファンマ選手のクロスに中村慶太選手が合わせて先制点。「ファンマの個人技を信用していた」。後半4分、ドリブルで抜け出したファンマ選手のパスを再び中村選手が決めた。さらに、途中出場の鈴木武蔵選手がクロスを頭で決めてとどめを刺した。

 強い日差しが照りつけるなか、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら