[PR]

 ギャンブル依存症は人々をどう狂わせていくのか。政府は今国会でカジノ解禁につながる統合型リゾート(IR)実施法案の成立をめざしているが、依存症への懸念は根強い。いまも依存症を克服できずにいるという大相撲元関脇の貴闘力さん(50)に聞いた。

ギャンブル好きの父から離れたくて相撲へ

 ――子どものころから、ギャンブルで苦労されたと聞きました。

 生まれてから、ギャンブルは生活の一部、空気みたいだったね。賭け事好きなおやじのせいで、小さい頃は借金取りに追われ続けた。借金取りが家に来て、電話は鳴りっぱなし。電話を押し入れの布団の中に隠しても鳴り続ける。家に差し押さえのシールをばんばん貼られてね。取り立てから逃れるため、小学校は6~7回転校したよ。

 ――中学を卒業後、藤島部屋(当時)に入門しました。相撲を始めたきっかけは何だったのですか?

 相撲はやりたいっていうか、小学校高学年のとき、たまたまテレビで見てて、面白かったんで。当時、ギャンブルは嫌なものだったし、おやじから離れたいという思いもあってね。借金取りの追い込みに比べたら、相撲でぶったたかれたりけられたり、そんなのは別に我慢できるから。

 ――その時はギャンブルはしていなかった?

 部屋に入ったら3~4年は相撲漬けの生活。朝5時から昼の11時まで練習があって、それから筋トレとかいろいろして。若い衆の時は、練習よりも、その後の先輩からの用事の方が過酷。やっても先輩と夜に少しマージャンを囲むくらいだったよ。

化粧まわし代400万円、持ち逃げされギャンブルに

 ――なぜギャンブルにはまったのですか?

 十両昇進が決まると、後援会を作って、着物とか化粧まわしとかを作らないといけない。ほかの人は田舎に帰ってお金を集めてもらうんだけど、俺みたいに転々としてるやつに田舎なんてない。色んな人にお願いして400万円を集めたけど、預けた知人にお金を持ち逃げされたわけよ。

 ポケットには10万円だけ。つ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら