【動画】カンヌ国際映画祭で是枝監督の「万引き家族」が公式上映された=伊藤恵里奈撮影
[PR]

 フランスで開催中の第71回カンヌ国際映画祭で13日夜(日本時間14日朝)、長編コンペティション部門に参加している是枝裕和監督の「万引き家族」が公式上映された。是枝監督のコンペ参加は2015年の「海街diary」に続き、3年ぶり5回目。生計を立てるため万引きしながら暮らす一家を通して、現代社会における絆を描いた作品だ。

 是枝監督は出演したリリー・フランキーさん、安藤サクラさん、樹木希林さん、松岡茉優さんらと共にレッドカーペットを歩いて会場入りした。上映が終わると、客席からスタンディングオベーションがあった。是枝監督は「できあがって間もないので、まだちょっと緊張しながらみていた。2時間緊張感を失わずに作れたなと思いました。終わった後、温かい拍手が長く続いたのでほっとしています」と語った。主演のリリー・フランキーさんは「思いの入った拍手をいただいたのは観客のみなさんの表情でわかった。すごくいい経験をさせていただいた」、同じく主演の安藤サクラさんは「自分が出ていると構えずに映画に集中できた」と述べた。(カンヌ=伊藤恵里奈)