[PR]

 セクハラ告発運動「#MeToo(私も)」が最高峰の映画祭にも広がっている。フランスで開催中の第71回カンヌ国際映画祭で12日夜(日本時間13日未明)、長編コンペティション部門の審査委員長で俳優のケイト・ブランシェットさんら、映画業界で働く女性たち82人がレッドカーペットに集結。米ハリウッドでのセクハラ告発をきっかけに、映画界での性差別に抗議した。

 今年のカンヌでは、長編コンペ部門に出品された21本のうち、女性の監督の作品は3本のみ。公式上映の会場へと続く階段に女性たちと共に立ったブランシェットさんは「今日ここに立つ82人は、1946年のカンヌ国際映画祭の開始から、(コンペに選ばれて)この階段を上った女性監督の数を表している」と語った。

 抗議行動を主催した団体によると、男性監督による作品は1645本が選ばれているという。ブランシェットさんは「女性は世の中の少数派ではないのに、私たちの働く場は違う。多様性と男女平等の実現を求めたい。一緒に階段を上ろう」と呼びかけた。

 抗議の場は、3作のうちの1作であるフランスの女性監督エバ・ユッソンさんの「ガールズ・オブ・ザ・サン」の公式上映前に設けられた。ブランシェットさんに続き、これまで2人しかいない女性のパルムドール受賞監督であるアニエス・バルダさんがフランス語で声明を発表した。

 今年の長編コンペ部門は、審査委員長と審査員の計9人のうち5人が女性だ。映画祭では今年からハラスメント被害のホットラインを設置し、相談を受け付けている。マルレーヌ・シアパ女男平等担当副大臣が12日、事務局を訪れて「すでに複数の被害報告があった」と仏メディアに明らかにした。(カンヌ=伊藤恵里奈、疋田多揚)