[PR]

 下校中に突然、行方不明になった新潟市西区の小学2年、大桃珠生(たまき)さん(7)が線路内で遺体で見つかった事件。新潟県警は14日、近所に住む20代の男の事情聴取を始めた。事件発生から1週間、張り詰めた日々が続く中、地元住民は「一日も早い解決を」と願う。

 14日の朝、子どもたちは保護者や地元ボランティアの人たちに見守られ、登校した。ところが正午前、「近所の男から事情聴取」とのニュースが流れた。保護者仲間のLINEを通じて知ったという、大桃さんと同じ小針小学校に子どもが通う女性(40)は「事件が解決するのだとしたら、ほっとする。でも、珠生さんの命は戻ってこない」と話した。

 この日も登校時間帯に見守り活動をしたという地元のコミュニティー協議会のメンバー、神部昭さん(67)は「今朝も子どもたちは不安な様子だった。こんな日々がいつまで続くのか」と話した。現場近くの献花台に来ていた男性(80)は「事件を起こした者は心の底から謝ってほしい」と語った。

 県警によると、大桃さんは7日午後3時すぎ、通っていた市立小針小から下校中、友達と別れた後に行方不明になっていた。自宅まで約300メートルの直線道路を1人で歩く姿が目撃されており、帰宅直前に連れ去られた可能性がある。

 市教委によると、大桃さんは事件当日朝の登校時、「黒い服でサングラスをした男に追い回された」と友人に話していたが、事件後も西区内で2件の不審者情報が寄せられた。県警によると、現場周辺では昨年9月から今年4月までに不審者情報が少なくとも9件あったという。

 子どもたちの心のケアのため、市教委は9日から同小にスクールカウンセラーを派遣。児童や保護者らが相談に訪れている。

事件をめぐる経緯(県警、JR、学校などへの取材から)

【7日】

朝 大桃さんが小針小に登校。その後、友人に「(登校中に)サングラスをかけたおじさんに追いかけられた」と話す

午後3時ごろ 大桃さんが友人と一緒に下校

午後3時すぎ 友人と別れ、自宅から300メートルほどの踏切付近を1人で歩いていたという目撃情報

午後5時ごろ 母親が県警に通報。警察官100人態勢で捜索

午後9時半ごろ 小針小の校長が自宅を訪問。40~50分滞在し、両親に声をかける

午後10時29分 自宅から百数十メートルのJR越後線の線路上で大桃さんが列車にひかれる

【8日】

午前9時半 遺体の司法解剖が始まる。死因は窒息死と判明

午後4時半 新潟県警が殺人・死体遺棄事件として捜査本部を設置