[PR]

いちからわかる!

 コブク郎 女性議員を増やすための法律ができるんだって?

 A 候補者男女均等法のことだね。党派を超えた議員連盟が提案したよ。

 コ どんな法律なの?

 A いま、女性議員は衆議院で約1割、参議院で約2割にとどまり、地方議会でも少ない。この法律ができると、各政党は、国会や地方議会の選挙で、候補者数を男女均等にする努力が求められる。議連のアドバイザーを務めた上智大の三浦まり教授らは「日本版パリテ法」と呼んでいるね。

 コ 「パリテ」って何?

 A 「同数・均等」を意味するフランス語だ。人口は男女半々だから、政治も平等に担おうという考え方や原則のことだよ。フランスではこれに基づいて、2000年に「候補者男女同数法」(パリテ法)ができた。日本では努力を求めるだけだけど、フランスでは候補者を半々にすることを政党に義務づけている。県議会議員選挙では15年から、必ず男女がペアで立候補する仕組みになったよ。

 コ ほかの国はどう?

 A 広がってきている。パリテが男女平等を目指す原則だとすると、それを実現していくための手段の一つに「クオータ(割り当て)」がある。約130の国や地域で、候補者数や議席数の一定割合を男女に割り当てるなど、何らかのクオータの仕組みが導入されているんだ。

 コ 男性は反対し…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも