[PR]

 政府の国家戦略特区による学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設をめぐり、安倍晋三首相は14日の衆参両院の予算委員会で、特区担当だった柳瀬唯夫・元首相秘書官(現・経済産業審議官)が学園関係者と面会したことについて「問題ない」と述べた。首相は自らの関与を否定し、新設が決まった過程の正当性を改めて強調した。

 柳瀬氏は学園関係者と首相官邸で2015年4月2日を含め3回面会したとしている。これに対し、首相は「行政の公正、公平が保たれなければならないことは大前提ではあるが、秘書官として現場の声や生の情報に耳を傾けることが必要と考えることもあるだろう」と擁護した。

 首相は、15年4月2日の面会については「あったんだろうと思う」としつつ、「この面会が全く影響を与えていないということは(政府の国家戦略特区ワーキンググループの)八田(達夫)座長をはじめ、皆さん明確に言っている」と主張した。

 一方、国家戦略特区による獣医…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら