[PR]

 しゃぶしゃぶ店を展開する木曽路は、天丼店とから揚げ店を新たに出店すると発表した。主力のしゃぶしゃぶ店に比べて少ない人数で運営できる小型店で、収益源に育てていく。

 関東を中心に展開する「天丼てんや」の運営会社とフランチャイズ契約を結び、東海3県を中心に出店する。今年度中に数店舗、来年度は十数店舗を計画している。

 6月下旬には、名古屋市緑区にから揚げ専門店「からしげ」をオープンする。客席は41席で、最大で7人ほどの少人数で運営。今年度中に愛知県を中心に3~5店舗出店するという。

 木曽路の売上高は近年頭打ちの傾向にあり、新規のしゃぶしゃぶ店を出すには人材確保などが課題になっていた。