[PR]

竹下亘・自民党総務会長(発言録)

 加計学園問題の本質は、国家戦略特区によって岩盤規制に穴が開けられたか、その過程におかしなことがなかったかということだ。印象操作で「何となくおかしいね」ということを積み重ねているのが今の国会での議論ではないか。

 昔から「悪魔の証明」と言われるが、「なかった」という証明は、非常に難しい問題だ。私自身も困ったことがあったが、(兄の)竹下登(元首相)の時代に(旧平和相互銀行の不正経理事件に絡み、金びょうぶの売買代金が政界資金として流れたとの疑惑を生んだ)「金びょうぶ事件」があった。全くなかった話で、最後は画商が「自分たちが勝手につくった」と何年か後に言った。しかし、その当時は野党もマスコミも「金びょうぶ事件の真相解明」と(言っていた)。ないことの証明はこれだけ難しいものかと痛感した。今回の加計学園の一連の動きをみていて、「本当に似ているな」と私自身痛感している。(都内の講演で)

こんなニュースも