[PR]

 厚生労働省は14日、インターネットで個人輸入をして買った経口妊娠中絶薬をのんだ宮城県の20代の妊婦が膣(ちつ)から多量に出血し、病院に入院したと発表した。女性は回復し、すでに退院したという。厚労省は女性が使ったインド製の中絶薬を、医師の処方なしで個人輸入できない品目に指定。安易な個人輸入をやめるよう呼びかけている。

 厚労省によると、中絶薬はインドで製造され、有効成分はミフェプリストンとミソプロストールと表示されていた。これらを含む医薬品は、膣からの多量の出血や重大な細菌感染症などを引き起こす恐れがあるという。

 厚労省は2004年、ミフェプリストンを含む経口妊娠中絶薬のうち、米国、EU、中国、台湾で販売されているものを医師の処方がなければ原則、個人輸入できない品目に指定した。ただしインド製は対象ではなかった。(黒田壮吉)