[PR]

 大分トリニータがワンランク上のチームに進化した。

 J2リーグ戦の3分の1を終えて、9勝2敗3分けで首位を守っている。第14節の岐阜戦では、攻撃的でトリニータ同様にパスをつなぐスタイルの相手にシステムを変更。どちらが勝ってもおかしくない展開のなか、試合終了間際の劇的ゴールで勝ち切った片野坂知宏監督の手腕は評価したい。

 システム変更は単なる急場しのぎではなかった。「相手の1トップに対し、3人並べる必要がなかった。中盤の枚数を増やし、相手のストロングポイントを抑え、自分たちの良さが出ると思った。選手は戦術の狙いを理解し、その成果が最後に出た」と振り返った。

 片野坂監督は、相手が仕掛けて…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも