[PR]

 アメリカンフットボールの試合で日大の守備選手が関学大の選手に過度な反則行為となるタックルを浴びせて負傷させた問題で、日本アメフト協会の国吉誠会長らが15日、スポーツ庁を訪れた。面会後、国吉会長は報道陣に「ありえないプレー。重大事案として認識し、原因の究明と再発防止の観点から報告した」と話した。

 競技の統括団体である協会が、この問題でスポーツ庁に直接報告するのは初めて。日大の所属する関東学生連盟が調査のために規律委員会を設置しており、国吉会長は「推移を厳しく見守っていきたい」と話した。

 6日の日大―関学大の定期戦では、日大の守備選手が、パスを投げ終えた関学大のクオーターバック(QB)に背後からタックル。QBはそのプレーで負傷退場した。連盟は10日、守備選手に対して対外試合の出場禁止処分を下し、内田正人監督を厳重注意処分とした。関学大は10日付で日大に、反則行為についての見解と謝罪を求める抗議文書を送付し、16日までの回答を求めている。