[PR]

 自然の中で昆虫に触れ、観察できる静岡県磐田市大中瀬の「市竜洋昆虫自然観察公園」が6月に開園20周年を迎えるのを記念し、同公園の「虫大好き」のスタッフがエッセー集「みんなの昆虫学校」を出版した。「その辺で見られる普通の虫」の意外な魅力が愛情豊かに描かれている。

 執筆したのは同公園主任の北野伸雄さん(32)。大学・大学院で昆虫の研究に没頭した経験を持ち、4年ほど前から同公園に勤務。ニックネームは「こんちゅうクン」だ。

 登場するのはカブトムシやクワガタ、チョウなどの「人気者」からゴキブリやクモ、ムカデといった敬遠されがちな虫まで105種類。ほとんどは同公園で見られるものだ。

 カブトムシは「おしっこすると…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら