[PR]

 内閣府が16日発表した2018年1~3月期の国内総生産(GDP)の1次速報は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0・2%減(季節調整値)だった。この状態が1年続いた場合の年率換算では0・6%減。15年10~12月期以来、9四半期ぶりのマイナス成長になった。

こんなニュースも