[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックのチケット価格などの戦略について話し合う大会組織委員会の有識者会議が15日、東京都内で開かれた。組織委は、五輪の一般販売について最高額を12年ロンドン大会を参考に28万8千円(開会式)とし、最低額を約2千円とする素案を提示したが、有識者から「価格の幅をさらに広げた方が良い」との意見が出たため継続審議となった。

 有識者会議の副座長を務める久保博氏(プロ野球巨人会長)は「メリハリをもう少し大きくしようという話になった。低価格を実現するために高いチケットを作りましょう、ということだと思う」と述べた。

 一般販売とは別に、家族向けや子ども向けの安価なチケットなども検討していく。組織委は、7月の国際オリンピック委員会の理事会で価格の承認を得て、来年春から販売を始める方針だ。東京大会のチケット販売計画は、立候補ファイルの段階で五輪が780万枚(773億円)、パラリンピックが230万枚(47億円)。