[PR]

 一見普通の自動販売機だが、よく見ると見本品の飲料のラベルはすべて手描き――。茨城県北茨城市の旅館が始めたこんな試みがネット上で注目を集めている。大型連休中にツイッターに投稿された画像が評判となり、「いいね」が相次いだ。

 評判になっているのは、「あんこうの宿まるみつ旅館」の1階フロント脇にある自販機。

 ミネラルウォーターや緑茶、ウーロン茶など18種30本のペットボトルや缶飲料の見本が並ぶ。印刷されたように見えるラベルに近づいて目をこらすと、微妙なずれもあり、一字一字描いたものとわかる。

 同旅館の「あんこう鍋」は昨年12月、全国のご当地鍋の人気を競う「鍋―1グランプリ」で優勝。自販機の缶ビールのラベルには、旅館名とともに「日本一あんこうのどぶ汁」と、小さなローマ字でさりげなくPRされていたりする。

 同旅館は今年、創業50周年。同館の武士能久社長(42)によると、東日本大震災で客足の大幅減少に見舞われた。そこで考えたのが「手作り感のある旅館づくり」だった。自販機のラベルもその一環だ。

 描くのはフロント係の佐藤美和…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら