[PR]

 22日告示の群馬県高山村議会の補欠選挙(被選挙数2)で、立候補予定者の書類をあらかじめ確認する事前審査が15日、役場で開かれた。8日の立候補予定者説明会には男性1人が出席していたが、この日は誰も現れなかった。告示日に立候補の届け出がなければ、今回の告示日から50日以内に再び補選が行われる。

 公職選挙法では、議員定数の6分の1を超える欠員が生じた場合に補選を行うことになっている。定数10の高山村議会では、1人が3月の村長選へ立候補し、その後に別の1人が死亡。欠員2で6分の1を上回った。

 町選管によると、1人でも立候補すれば無投票で当選が決まり、欠員は6分の1を下回る。ただ、立候補予定者説明会に出席した男性が立候補するかどうかは不透明な状況だという。

 「誰か出てくれないものか」。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら