[PR]

 市民団体「フォーラム『平和・人権・環境』しまね」と自治労県本部が15日、島根原発2号機・3号機の稼働の中止を中国電力に求めることなどを要請する文書を県と松江市に出した。

 フォーラムの杉谷肇代表は「核と人類は共存できないことが福島の事故で証明された」と話し、文書を職員に手渡した。文書は、中国電力に対し、原発から30キロ圏内の全ての自治体と立地自治体並みの安全協定を結ぶよう促すこと、核燃料サイクル政策の廃止を国に要請することなどを求めた。

関連ニュース