拡大する写真・図版 お別れの言葉を述べる宮崎駿監督=2018年5月15日、東京都三鷹市の「三鷹の森ジブリ美術館」

[PR]

宮崎駿監督のあいさつ

 パクさん(高畑さんの愛称)は95歳まで生きると思い込んでいた。そのパクさんが亡くなってしまった。自分にもあんまり時間がないんだなぁ、と思う。

 9年前、私たちの主治医から電話が入った。「友だちなら高畑監督のたばこをやめさせなさい」。真剣な怖い声だった。主治医の迫力に恐れをなして、僕と鈴木さん(敏夫プロデューサー)はパクさんとテーブルを挟んで向かい合った。姿勢をただして話すなんて初めてのことだった。

 「パクさん、たばこをやめてく…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら