[PR]

患者を生きる・スポーツ「視覚を失って」(3)

 左目は見えず、右目はかすかに明るさを感じる程度。両目の視力をほぼ失った浦田理恵(うらたりえ)さん(40)は2001年から、自立を目指して福岡市立心身障がい福祉センター(福岡市中央区)で1年間の生活訓練を受けた。

 「できることを増やしていこう」と指導員の豊田信之さん(71)に言われた。身の回りのことを一通り、自分でこなせるようにする。点字の読み方や白杖(はくじょう)を使った歩き方を覚えた。初めて白杖を持って交差点に立った時は、足がすくんで踏み出せなかった。訓練を重ねて、少しずつ怖さを克服した。

 料理も教わった。包丁も使える…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら