[PR]

 奈良市の法相宗(ほっそうしゅう)大本山・薬師寺は15日、住職の村上太胤(たいいん)管主(かんす、71)が14日付で辞任したと発表した。加藤朝胤(ちょういん)執事長(68)が当面、職務を代行する。加藤執事長は15日、記者会見し、「(村上氏から)宗教者として不適切な女性関係があったこと、週刊誌の取材を受けたことの報告があった」と説明した。

 加藤執事長によると、村上氏は14日夕、管主の辞任届と薬師寺の僧侶を辞する退山届を寺側に提出し、受理された。村上氏は「私の不徳の致すところで多くの方々の信頼を裏切り、皆様にご迷惑をおかけ致しましたことを深くおわび申し上げます」とコメントを出した。

 村上氏は岐阜県出身で、龍谷大学を卒業後、執事長や副住職を経て2016年8月に管主に就任。任期は来年8月までだった。(宮崎亮