トム・ウルフさん(米作家、ジャーナリスト)が14日、ニューヨーク市内の病院で死去、88歳。感染症を患っていた。米メディアが15日、報じた。

 1930年、バージニア州生まれ。大衆文化から芸術、人種問題までを幅広く取り上げ、60年代以降の「ニュー・ジャーナリズム」運動の代表的な担い手となった。代表作に「ライトスタッフ」(79年)や「虚栄のかがり火」(87年)、「現代美術コテンパン」(75年)、「成りあがり者」(98年)など。映画化された作品もある。(ニューヨーク=金成隆一