[PR]

 職場体験を前に、おもてなしの心を学ぼうと、滋賀県高島市立の湖西中学校と高島中学校の2年生計約160人が16日、百貨店「高島屋」の教育担当者らから接客サービスの講座を受けた。

 高島屋の創業者とゆかりのある高島市は、人材育成などについての包括連携協定を高島屋洛西店(京都市)と結んでいる。講座では、担当者が「仕事は人を幸せにするためにある」「相手の立場にたって行動するのがおもてなしの心」と指摘。この後、生徒たちは2人1組となって、笑顔で相手の目を見ながらおじぎの練習を繰り返した。

 6月4日から5日間、デイサービスの事業所で職場体験をする湖西中の上原柚月さん(13)は「あいさつの大切さを学ぶことができた。事業所の人たちに親切に接したい」と話した。

 今後、市内の3中学校でも同様…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら