[PR]

 北朝鮮が米韓の合同空軍演習に反発し、16日に板門店で開催予定だった南北高官協議を中止したことを受け、西村康稔官房副長官は同日午前の記者会見で、「米韓合同軍事演習は重要な抑止力の柱。着実に実施されることは地域の平和と安全を確保する上で重要だ」と強調した。

 北朝鮮が中止の可能性を示唆している米朝首脳会談については、「北朝鮮をめぐる諸懸案の包括的な解決に向けて前進する機会となるよう、米国とともに準備を進めている」と、予定通り6月12日に実施されることが望ましいとの考えを示した。

こんなニュースも