[PR]

 福島県会津若松市の室井照平市長が16日、和歌山県御坊市の柏木征夫市長を電撃訪問した。両市には、戊辰戦争の際、御坊市に逃れてきた会津藩士を地元の宿が看護したという縁がある。両市長は10分ほど懇談し、今後も友好を深めていくことを確認した。

 会津藩士・山川浩(旧名・大蔵)らは、戊辰戦争の緒戦となった鳥羽・伏見の戦いに敗れて紀州に逃れ、御坊市で看護を受けた。山川が看護のお礼として、礼状や大皿、椀(わん)などを御坊市の宿の主人に贈っていた。戊辰戦争から150年となる今年の1月、宿の子孫がゆかりの品々を会津若松市に寄贈した。

 室井市長はこの日、和歌山市内であったイベントに来ていた。「直接お礼を言わないと気が済まなかった」と公務の合間を縫って御坊市を電撃訪問した理由を説明。寄贈品が会津若松市の歴史資料センターで展示されていることを報告し、「市民や子どもたちにも見ていただける。また機会を見つけて、今度はちゃんと段取りして来たい」と笑った。柏木市長は懇談後、「(御坊市側も会津若松市まで)足をのばしたい」と語り、150年前からの縁を受け継いでいくことを誓った。(大森浩志郎)