[PR]

 埼玉県桶川市で昨年、1歳の三男に十分な食事を与えず死なせたとして、埼玉県警は16日、ともに25歳の両親を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

 逮捕されたのは、会社員の山辺拳士郎容疑者と妻の仁美容疑者。捜査関係者によると、2人は昨年10月、自宅マンションで当時1歳1カ月だった三男の晴(はると)ちゃんに十分な食事を与えずに放置し、死亡させた疑いがある。容疑を認めているという。

 晴ちゃんが自宅の布団で意識を失い、家から通報があったことから発覚。発見時、晴ちゃんの体重は約4キロで、同じ年齢の子どもの平均体重と大きな差があったという。