中国に屈した人権先進国 狙い撃ちされたノルウェー

有料記事

オスロ=下司佳代子
[PR]

チャイナ・スタンダード(世界を席巻する中国式) @ノルウェー

 北欧の国ノルウェーのノーベル委員会は2010年、中国共産党の支配を批判した「獄中の人権活動家」劉暁波(リウシアオポー)にノーベル平和賞を贈った。委員会は、劉による「中国での基本的人権を求める非暴力の闘い」を評価。当時のノルウェー首相は、劉の受賞を祝うコメントを出した。服役中だった劉は授賞式には出られなかったが、空席に置かれたメダルは、中国の弾圧の厳しさを鮮烈に映し出し、世界で広く報道された。

 ノーベル委員会は、国会に任命された弁護士や元国会議員ら5人で構成される独立した存在だ。だが中国政府にはそんな事情は関係なかった。中国外務省報道局長(当時)の馬朝旭は「劉暁波は罪人である。中国とノルウェーとの関係も損なわれる」と、対抗措置を宣告した。

 中国の対応は素早く、執拗(…

この記事は有料記事です。残り1796文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!