[PR]

 北朝鮮が6月12日の米朝首脳会談の取りやめを示唆したことを受け、トランプ米大統領は16日午前、記者団に「我々はまだ何も知らされていない。様子を見よう」と述べ、北朝鮮側の出方を注視する姿勢を強調した。

 米ホワイトハウスのサンダース報道官は16日午前、米FOXニュースのインタビューに「我々は会談が行われることを今も期待しているし、その方向に向かって進み続ける」と述べ、予定通り米朝首脳会談の開催を目指す考えを強調した。

 ただ、「大統領は首脳会談開催に向けて準備しているが、もし開催されなければ、我々は『最大限の圧力』を引き続きかけるだけだ」とも指摘。北朝鮮に対する非核化の要求は変わらないことを強調した。

 北朝鮮の金桂寛(キムゲグァン…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら